ドラゴン桜の名言12選

ドラゴン桜の名言12選0目標達成

この記事を読んでくれている受験生の皆さん。勉強お疲れ様です。
毎日勉強を続けるのって本当に大変ですよね…

「受験勉強がとにかくしんどい」
「志望校に受かるかすごく不安」
「やらないとと思いながらも勉強に集中できない」

こんな悩みを抱える受験生のみなさんに、オススメしたい漫画があります。

いや、漫画なんて読むのは時間がもったいないと思うのではないでしょうか。

いいえ、そんなことありません。

今回紹介したい漫画はもちろん面白いですが、それだけではありません。

この作品では受験勉強のための知識を学ぶことができます。

それが、「ドラゴン桜」という作品です。

表紙からいきなり

「教えてやる!東大は簡単だ!!」

なんてとんでも無いことを言ってますが、この本は受験勉強をする上でとにかく役に立ちます!

今回はそんな受験に役立つ知識をドラゴン桜の名言と一緒にご紹介していきたいと思います。

ドラゴン桜の名言12選

受験生のバイブル「ドラゴン桜」って知ってる?

ドラゴン桜の名言12選1

そもそも「ドラゴン桜って何?」

という方もいるでしょう。

「ドラゴン桜」は2003年から2007年にかけて雑誌「モーニング」で連載されていた大学受験がテーマの漫画です。

元暴走族という異色の経歴を持った貧乏弁護士、桜木健二(さくらぎけんじ)が平均偏差値36の高校生を東大に現役合格させるまでを描いた作品です。

2005年には俳優の阿部寛さん主演でドラマ化もされました。

テレビドラマには、アイドルの山下智久さん、女優の新垣結衣さんなども出演しており大ヒット!

2021年の夏には続編となる「ドラゴン桜2」が放送されました。

受験に役に立つ部分も多く、受験生におすすめの漫画として様々なところで取り上げられていますが、全部で21巻あり読むのは大変です。

そのため、受験勉強をしていた時に「ドラゴン桜」を読んでいた私が、作中に出てきた名言を抜粋して紹介していきたいと思います!

ドラゴン桜の名言|受験勉強編

ドラゴン桜の名言12選2

というわけで全部で12個の名言を抜粋してみましたが、テーマ別に3つに分けて紹介していきます!

まずは「東大は簡単だ」のように受験勉強そのものに対してインパクトのある名言を紹介します。

①受験に知能はさほど重要ではありません。必要なのは根気とテクニックです。

これは「ドラゴン桜」の冒頭で主人公・桜木健二が発したセリフです。

受験勉強で求められているのは、IQのような知能ではありません。

参考書の知識をものにできるまで読み込めるか、入試の前日まで勉強を続けることができるかといった粘り強さです。

効率のいい勉強を継続できる根気がある人が合格できるのが受験です。

「元々頭が良くないから難関大なんて無理」
「数学が嫌いだからとりあえず文系」

といった思い込みで受験を諦めたり進路を狭めてしまうのはもったいないこと。

自分の受験の目標に対してどれだけ粘り強く取り組めるかを考えてみましょう。

②蛍光ペンで要所を塗っても、何も頭には入っとらん!そうすることで、お前らは勉強した気になっているだけだ

同じ参考書を長く使っていると次第に使い込まれた感じが出てきますよね。

大事なところに蛍光ペンで印を入れていくと、それだけ勉強したと思うようになります。

しかし、実際に大事なのは、その使い込んだ参考書からどれだけの知識を得ることができたかです!

参考書に線を引きまくったりボロボロになったというだけで、勉強した気になるのが一番最悪。

蛍光ペンで塗ったところは本当に覚たのか、参考書を使うときは意識しておきましょう。

③勉強とは合理性と効率

部活をしていた人に多いのですが、

「受験は根性だ!」

という精神論が受験においては取り上げられがち。

確かに根性も大事ですが、

「ストイックな努力」だけで合格点は取れるのでしょうか?

答えはNOです。

合格点を取るためには、がむしゃらに勉強するだけでなく、合理的で効率のいい方法で勉強に取り組む必要があるでしょう。

また、ネットで見つけたオススメの勉強法が自分に合うとは限りません。

ネットの意見を参考にしながら「自分にとって」効率のいい勉強法を追い求めることが必要です。

④うまく行かなくても、そこで終わりじゃない。ダメなら新しいものに挑戦すればいい。さっさと次に乗り換えりゃいいんだ。

受験勉強において、入試までは非常に長い道のりです。

途中なかなか成績が伸びず苦労するかもしれません。

受験勉強は挫折と隣り合わせなのです。

しかし、大切なのは、つまづいた後にどうするかです!

挫折したからと言ってただ立ち止まっていては、合格することは難しいでしょう。

失敗から何を学ぶのか、そしてこれからどう改善するのかを考えることが重要です。

ドラゴン桜の名言|メンタル編

ドラゴン桜の名言12選3

受験生活の中では孤独を感じたりと精神的な負荷のかかる場面が多いです。

そんなときに思い出してほしい名言を紹介します!

①たった1年だ。死ぬ気で頭に詰め込むのは。お前だってその気になりゃできる。

受験勉強に取り組む1年間。確かに長いです。

この1年は終わりが見えないと感じることもあるかもしれません。

でも逆に人生のなかの「たったの1年間」と考えるとどうでしょうか。

日本人の平均寿命は約84歳と言われています。

84年の中の1年と考えるとそんなに長い期間じゃない気がしてきます。

人生の中でたった1年間くらいなら誰だってできるはずです。

②入試のプレッシャーに負けない自信。明確な根拠のある自信。それを得るためにはひたすら勉強するしかないのだ。

受験当日は緊張します。

本番で自分の100%が出せる人なんてそんなにいません。

では、そのプレッシャーに勝つためにはどうすればいいのか。

それにはひたすら勉強して自信をつけるしかありません。

こう考えると、毎日の勉強が意味のある大切なものだと思えるはずです。

③他人に促されなくても努力する人間が一番成長する

突然ですが皆さんはなぜ受験勉強をしていますか?

行きたい大学がある、大学でやりたいことがあるなど理由は色々あると思います。

中には親に言われたから、先生に言われたからなんて人もいるのではないでしょうか?

言われたから勉強するというのは、道を示してくれてるという点では確かに楽でしょう。

しかし、やらされるだけの勉強では途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

それに、いつまでも誰かがあなたの進路を決めてくれるわけではありません。

ですので、背中を押してくれる人がいなかったとしても頑張る必要があります。

他人に促されなくても自分で目標を決めて、努力できる人が一番成長できるのです。

④本当にダメなのはその失敗を次に活かせないやつだ

受験勉強をしているとうまくいかないことは沢山あります。

どれだけ準備しても本番で失敗する可能性だってあります。

でも、失敗自体は悪いことではありません!

大切なのは失敗をそのまま終わらせてしまうのではなく、それを次に生かすことです。

失敗を次に繋げることで、失敗をする前よりも成長できます。

それを日々続けていくことで、何倍も成長して受験本番を迎えることができるでしょう!

ドラゴン桜の名言|受験本番編

ドラゴン桜の名言12選4

受験当日、試験会場に行くと周りの受験生が自分より勉強できそうに見えて、焦るかもしれません。

そんなときに思い出して落ち着いてほしい名言を紹介します。

①不安は努力の勲章なんだ

試験当日、きっと皆さんの心は不安な気持ちがあるでしょう。

でも、不安なのはあなただけではありません。

きっと受験会場にいる9割近くの人が不安になっています。

どうして不安な気持ちになるのか。

それは、皆さんがこれまで勉強を頑張ってきたからです。

努力してきたからこそ、その努力が実るのか不安になってしまうのです。

だから、不安な気持ちが大きければ大きいほど勉強を頑張ってきたということができます。

裏を返せば受験当日に不安になっていない人は、ただ勉強していないだけということもできるかもしれませんね。

②テストは最後の1秒までが戦いなんだ。

テストや模試を受けていて、わからない問題って出てきますよね?

試験の中では、受験生の合否の差を分けるような、絶妙な難しさの問題が出てきます。

また、満点をとる人が出ないように、難しい問題をあえて出していることもあります。

でも、そこで諦めてしまっては、取れたはずの点数が取れないかもしれません。

分からない問題があったとしてもそこで諦めてしまうのではなく、最後の最後まで問題に向き合い続けましょう!

試験終了のチャイムが鳴るまで、問題を解く努力を続けることで答えられるかもしれません。

最後まで諦めないようにしましょう!

③問題とは、天から降ってくるのではなく、人が考えて解く人のために作るのだ。

先ほども少し触れましたが試験中には

「絶対解けない!」

なんて問題が出てきます。

歯が立たない用に見える問題かもしれませんが、絶対に答えはあります。

なぜなら、試験を作っている人がちゃんと答えを用意しているからです。

当たり前ですが、試験を作る人はその問題を通して出して欲しい答えを用意しています。

落ち着いて考えれば、その答えを見つけることができるはずです!

④周りの人は敵ではない。意識しないのがポイントだ。試験は常に自分との戦い・・・と心に深く刻め!

試験会場には多くの受験生がひしめいていますよね。

周りの受験生が自分より勉強が得意な人ばかりみたいで不安に感じてしまうかもしれません。

周りが気になって仕方ないかもしれませんが、結局ライバルは自分自身です!

自分自身が、その試験の合格点をとることができるのかに、合否がかかっています。

「自分のこれまでの勉強の成果を出す」

その一点に集中できれば、周囲を気にすることもきっとなくなるはずです!

コメント