就活で辛かったことの振り返りと、いま思うこと

就職活動

できるだけポジティブな記事を書こうと努力しているのですが、

就活で病んでしまう方もいると思うので、そういった方に向けて共感できるような記事を書いてみます。

就活で辛かったことの振り返りと、いま思うこと

 

私が就活中に辛かったことはたくさんあるのですが、思い出したものから順番に書いていきました。

最後に、就活が終わったいま思うことを書きました。

グループディスカッション

就活中に、民間大企業のインターン(という名目の1day〜2dayワークショップ)に参加しました。

その中で、グループディスカッションを通じた選考がありました。

 

このグループディスカッションは何のためにあるのか私もよくわかりません。

協調性がない人を落とす選考なんでしょうか。

協調性がない人というのを具体的に説明しましょう。

例えば、人の話を聞かないで自分の話ばかりするようなヤバい人のことです。

 

もちろん、グループディスカッションでいい働きをすればプラス評価になることもあるとは思います。

しかし、早い段階で実施されるものは確実に減点方式もあるでしょう。

実際、全然人の話を聞かないヤバい人はいますからね。

企業もそういう変な人は早めに弾きたいはず。

 

で、このグループディスカッションですが、ディスカッションをしても話がまとまらないことがあります。

なぜ話がまとまらないかというと、色んな理由があります。

まとまらない理由、まず一つは、テーマ設定・問題設定が曖昧なことがあります。

ふわっとしたテーマ・議題が与えられて、「細かい状況設定は自分たちで考えてね」というケース。

これが一番困ります。

 

そして、いざグループディスカッションが始まると、ふわっとした議題をふわっとしたまま話し始めようとする人もいます。

そうなると大変です。

 

そもそも問題設定をしっかりしないと、議論をしてもなかなか答えが出ないよね…っていう。

幸運なことに、私は多少議論の訓練を受けたことがあるので慣れていました。

しかし、そもそも大学などでディスカッションをした経験があまり多くない方もいたりします。

そういう、議論の作法みたいなところからやっていくのはけっこうキツいです。

 

まあ、経験がないのはいいんですが、それなら得意な人に任せてもいいんです。

議論が得意なわけでもなく、しかも協調性がない人が自分の意見を押してくると議論が崩壊します。

 

何だったんでしょうか。

あの時間は。

 

もちろん、めちゃくちゃ能力が高い人だったら、絶望的なグループディスカッションでもうまくまとめられるのかもしれません。

しかし、自分はそこまでのレベルではありませんでした。

というか、社員の方からのフィードバックを考慮に入れても、自分はよく頑張っていた方だと思います。

 

企業の方と話が合わない

これは100%自分が悪いのですが、面談などで企業の方とお話していると、話が合わないことがありました。

話の前提となる価値観が、企業の方と私で違うんですね。

 

なぜ話が合わないかというと、私と企業の相性がよくなかったからです。

これは企業に問題があるのではなく、私が「自分が何をしたいのか」ということから目を背けていたからだと思います。

 

私は性格診断の結果によると、芸術家タイプの性格らしいのですが、どうも組織で働くことにはあまり向いていない面もあるようです。

であれば、私は芸術家・職人・起業家として生きていくことを目指してもよかったと思います。

実際、そうやって生きていきたかったのですが、お金を稼げていなかったことなどから親を説得できず、正社員になると決めました。

 

ただ、もともと芸術家の属性の人が大きな組織で働くというのはなかなか大変です。

しかし、芸術家というのはみんながお金を稼げるとは限りません。

大企業に勤めて安定した収入を得る方が、一度就職してしまえば楽なこともあるでしょう。

 

そういうわけで、私は自分の道を信じることができませんでした。

親に現実を直視させられて、就職活動をしたのでした。

そういう事情で始めた就活でしたから、正直やる気はあまり強くはありませんでした。

 

行きたい業界というのもあまりなく、元々興味のあった旅行業界、航空業界はコロナ禍が採用が減少しました。

コロナ禍で行きたい業界の採用が減ったことも、モチベーションに影響したと思います。

民間企業は色々な業界を見たのですが、どこも自分に合っていると思えませんでした。

公務員系の仕事は自分に合っている気がしたので、それが唯一の救いでした。

 

親が人材業界出身だったこともあり、就活の知恵は色々教わりました。

しかし、本人に(公務員系以外に就職する)やる気がないのでどうしようもありません。

結局、親とは喧嘩をしました。

私は自分の親が毒親なんじゃないかと思って毒親の本を読むなど、かなり家庭環境は大変でした。

 

そんなわけで、就活はやっているふりをして適当に流そうと思っていました。

私は旅行業界、航空業界の採用が減った時点で既にやる気はなく、だったらどうとでもなれと思いました。

そもそも大学に入ったのも就職のためではありません。

起業家になるために大学に入ると、高校生時点で親には言ってありました。

 

それで、大学2年までに起業が成功しなかったら就活をすると親に約束してしまいました。

今思うと、なぜそんな約束をしてしまったのかわかりません。

よく考えずに、その場のノリで答えてしまったことを後悔しています。

たぶん、私は意味を噛み締めずに表面的に返答してしまう性格傾向があるんですね。

 

そんなわけで、親は人材業界出身で新卒採用に詳しいこともあって色々支援してくれます。

それが「子どもが職に就けずに路頭に迷うことがないようにしたい」という親の愛だとは思います。

進化心理学的にも、それが生き物の親として適応的(妥当)な行動だと思いますし。

 

それにしても、本人にやる気がないのに周りが応援してくれるという奇妙な状況で、発狂しそうでした。

というか、軽く発狂していたと思います。

家の中で奇声を発したり、人を傷つけたいと思ったりしました。

 

そこまでしてやる就活って何だったんだろう、と思います。

しなくていい苦労なら、しない方がいいです。

 

私は大学の学部も比較的自由な思想のところに行ったので、今更営利企業(株主に利益を配当する会社)のサラリーマンになれるわけがなかったですね。

公務員に近い内容の仕事なら問題ないのですが。

 

何のために働く?

そして、中途半端に色んな学問をかじったおかげで、頭でっかちになってしまったのもマイナスでした。

宗教社会学の古典で、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という本があります。

JTC(日本の伝統的な企業)の人と話すと「これは資本主義の精神だなあ」と思うことが多々ありました。

資本主義の精神の方々はお金を稼ぐことが正義で、それ以外の価値基準が相対的に弱い。

「お金を稼ぐこと=世の中の役に立っている」という単純な信仰。

 

これって自己欺瞞ですよね。

自分の内的な心の声が聞ける人なら、そうやって自分を騙す必要はないはずです。

 

もちろん、私も起業家志望だったので、売り上げ、利益が大正義なのはわかります。

崇高な理念を掲げていても、全然売り上げが立たない企業もあります。

そういう企業に対しては、何をしているんだろう、とは思いますし。

中途半端に社会貢献を謳って利益が出ないよりは、沢山稼いで国に納税した方が社会貢献かもしれません。

 

しかし…

学問というか、自分なりの哲学がないまま働くというのは辛いことではないでしょうか。

 

この問題は、有名な就活本にも乗っていました。

自分何のために働いているか分からず、自己欺瞞でもって日々やっていく、それでいいのかと。

まあ、私も含め多数の人間がそうなんですが。

だから、就活中は何だか虚しくなりました。

 

一方で、ずっと大学にいるのも大変そうだなと思ったものです。

修士、博士も大変だと聞きました。

 

結局、自分の意思でやっていかない限り、どこにいっても地獄なわけです。

なぜなら、答えは自分の中にあるから。

 

最近友人と話したことですが、人が悩みを抱えているとき、答えが本人の中では決まっているケースがあります。

人に相談する前から答えは決まっていて、ただ共感してもらって背中を押してほしいだけなこともあると。

もちろん全く答えが見えない悩みもありますが、直感的に進むべき道が見えているのに進めないことも多いと思います。

 

私の場合、起業家としてやっていくことに対しては、しっかりと腰を据えて挑戦することもなくフェイドアウトしてしまいました。

一応、起業家を目指す同年代の人たちと交流していたり、スタートアップで長期インターンをしたりしていたんですがね…

 

結局、色んな先輩起業家の姿から学んだ結果、起業するにしても、「やるからにはデカいことをやりたい」と思ったのです。

アメリカにはGoogleやAmazonのような巨大IT企業があって、世の中を動かしている。

自分もそういうデカいことがやりたい、と思ったのです。

 

もちろん、人に認められたい、有名になりたい、モテたいという気持ちはありますが、原動力はそれだけではありません。

もっと大きな目的のために生きていきたい。

そういう気持ちでやってきたのでした(と自分に言い聞かせる)。

 

そもそも、就活以前に大学生活が辛かった

思えば、大学生活も辛いことが沢山ありました。

私はコロナ禍のオンライン授業以外は電車通学をしていました。

駅のホームで電車を待っていると、つい黄色い線を出てしまいそうになります。

こちらに向かってくる電車に対して、引き込まれる感覚があるのです。

つまり、電車に身を投げて命を絶ってしまいたいと思っていました。

 

死にたくなるくらい辛いこともある、そんな大学生活で、芸術家・職人・起業家として成功することが唯一の希望でした。

夜遅くまで起業家志望の友人と議論をして、泊まるところもないので漫画喫茶で夜を越し、いつまでこんな生活が続くんだろうと思ったものでした。

友人とは「これだけ苦労しているのだから、報われないとやっていられないね」と話していました。

だから、営利企業のサラリーマンになるというのは全く想像がつきませんでした。

 

就活が終わって、今思うこと。

就活は、結果としては自分に合った組織に内定をいただくことができ、満足しています。

しかし、途中の過程で苦しむ必要があったとは思えないのです。

何で、自殺したくなるようなストレスを感じながら、好きじゃないことをしないといけないんだろうと。

生命より大切なものなんてないはずなんですがね。

 

だいたい、今の世の中で20歳前後でやりたいことがある人ばかりではないです。

もちろん私の中学校の同級生には、中学校卒業後そのまま就職した人もいました。

人によっては15歳で自立しているわけですから、20歳でやりたいことがわからないなんて言えないかもしれません。

そういう意味では自分は甘えているのだと思います。

 

どうしたらいいんでしょうか。

実は、最近はもう答えが出ています。

それは、直感を信じることです。

自分の道は自分が一番よくわかっています。

 

最近、私はあらゆることの判断基準が「自分の道に沿っているかどうか」になりました。

古代中国の哲学の概念「道」を知れば、あとはすぐに決断ができるようになります。

「道かどうか」それだけです。

なぜ即断即決できるかというと、道というのは人や物が通るべきところであり、宇宙・自然の法則だからです。

道は必ずあり、直感を信じれば大きく間違えることはそんなにありません。

 

それから、最近また『星の王子さま』と『100万回生きたねこ』を読み返しました。

 

『星の王子さま』は、子どもの心を持ち続けることの大切さを読み取ることができました。

大人になると忘れてしまう、大切なもの。一番大切なものは目に見えないから、心の目で見ないといけないのですね。

 

『100万回生きたねこ』では、愛を知りました。

主人公のトラ猫は誰のことも好きでなく、自分のことすらどうでもいいと思っているような猫でした。

トラ猫はタイトル通り100万回も生き返っていて、トラ猫の飼い主はトラ猫が亡くなると悲しみますが、トラ猫は悲しみません。

そんなトラ猫が、美しい白い猫と出会い、変わっていきます。

美しい白い猫と出会って愛を知ったトラ猫は、亡くなって、もう生き返りませんでした。

 

講談社の方の記事を読んでわかったのですが、これって孤独の話なんですね。

これはようするに、孤独の物語なのだと思う。ずっと孤独だったけれど、最後の最後で愛を知り、死んでいく。生まれてくる時と同じように、死ぬ時も一人だ。でも、愛を知ったら、一人ではあっても、孤独ではない。あるいは、孤独ではあっても、寂しくはない。そして愛を知ったら、もう人は、いつ死んだっていいのかもしれない。

講談社社員 人生の1冊【73】累計220万部のベストセラー!『100万回生きたねこ』
2018.07.01

王伶舒
文芸第二出版部 20代 女
物語に救われる人もいる

講談社社員 人生の1冊【73】累計220万部のベストセラー!『100万回生きたねこ』 講談社 今日のおすすめ
講談社社員が、講談社から刊行された自分だけの「1冊」を紹介します。第73回 佐野洋子作・絵『100万回生きたねこ』。220万部突破の大ベストセラー絵本! 1909年(明治42年)の創業以来、100年を越える歴史の中からセレクトした本のおもしろさが、本好きのあなたに届きますように!

私も、トラ猫と同じように自分は孤独だと思っていました。

でも、本当は孤独じゃなかったんです。

私はずっと、人間は一人で生まれて、ある意味一人で生きて、そして一人で死んでいくものだと思ってきた。誰と分かり合ったつもりになっても、誰と愛し合ったつもりになっても、死んでしまったら何も残らない、と。そもそも、愛し合ったつもりにしか、人間はなれないのではないだろうか、と。けれど、もしも死んでしまっても孤独でなくなるほどの愛に出会ったら、きっと救われるのだろうとも思う。この本は、私にそんな希望をちょっと見出させてくれる、心にしみる本なのである。

同上

正直、この記事の表現が凄すぎてこれ以上のコメントが難しいのですが、読者の方にはこの表現を味わってほしいと思います。

 

就活中はとても辛かったけれど、今は『星の王子さま』と『100万回生きたねこ』のおかげで生きる希望が湧いてきました。

ツイッターでも『100万回生きたねこ』について語れる人がいて、考えが深まりました。

 

人は一人じゃない。

一人だと思っていても、まだ気づいていないだけで助けてくれた人がいる。

これは、現在だけでなく過去も含めればきっとそうなのです。

 

家庭環境が複雑な人も、学校やそれ以外の環境で、誰かに愛されてきたと思います。

もしかしたら、これまで誰にも愛されたことがない人も何処かにいるかもしれませんが、もしそういう人がいたら、そういう人にこそ『100万回生きたねこ』を読んでほしいのです。

人は一人ではない。

そう信じられたとき、人は本当の意味で生まれ変わるのかもしれません。

 

就活は辛いこともあるでしょうし、死にたくなったらやめてしまってもいいと思います。

生命より大事なものなんてないですから。

一方で、私の記事みたいな偏った情報に煽動されて、後先考えずにやめてしまうのも問題があるかもしれません。

 

だから、私から何か責任のある言葉を発することはできません。

結局、(まずは色々な人を頼ることが大事だとしても)最後は自分で何とかするしかないのです。

現実は辛く厳しいこともありますが、それでもこの記事が誰かの何か希望になれば幸いです。

光あるうち、光の中を歩め。-トルストイの本より

コメント