トラックボールが使いにくいと感じた瞬間3つ

ガジェット

こんにちは。Yです。

今回は、トラックボールマウスが使いにくいと感じた瞬間について書きます。

1 トラックボールにホコリがついたとき

トラックボールマウスは、ホコリがつきやすいです。

光で位置を測るタイプのマウスであれば、ホコリがつくことはあまりないと思います。

しかし、トラックボールには静電気などでホコリがつきます。

トラックボールは露出しているため、ホコリがつきやすいのです。

ボールが接している部分。ボールを外した状態。若干ホコリがついている。

トラックボールにホコリがつくと、マウスの操作性が悪くなります。

ボールを回してもカーソルの移動に操作がうまく反映されません。

2 トラックボールが外れたとき

トラックボールは、時々外れます。

普通に使っていれば外れることはないのですが、上述の事情によりホコリを取る必要が出てきます。

ホコリをとるためには一度トラックボールをマウス本体から外す必要があるのです。

トラックボールを外すと、丸いボールはどこかに転がっていってしまいます。

ボールが転がると拾うのが面倒です。

机の上にボールを置くと、転がった。

以前、学校の授業中にボールが床に転がってしまいました。

その時は周りの方にボールを拾っていただき、恥ずかしい思いをしました。

3 経年劣化で壊れたとき

トラックボールマウスも、使っているとボロが出てきます。

何年か使っていると壊れることがあります。

私の場合、ワイヤレスのマウスのため操作がPCに反映されにくいことがあります。

マウスを動かしてもPCのカーソルが動かないとストレスを感じます。

また、マウス裏面の滑り止めが剥がれたりするとマウスがグラグラして困ります。

マウス裏面の滑り止めが外れてしまい、グラグラする。

結局トラックボールを買ってよかったのかどうか

ここまでトラックボールが使いにくいと感じた瞬間を3つ紹介してきました。

実際、トラックボールのデメリットは多少あります。

ただ、こんなにデメリットがあっても、私はトラックボールを使っています。

なぜかというと、トラックボールは手が痛くならなかったからです。

トラックボールを使う前は、長時間PCで作業していると腱鞘炎になりそうでした。

しかし、トラックボールに変えてからは腱鞘炎になっていません。

手が痛くなることも減り、満足しています。

腱鞘炎になりかけた方、手の痛みから解放されたい方にはおすすめです。

コメント