今回の共通テストは出題に色々と問題があったらしい

受験情報

共通テスト、自分で解いたわけではないが、評判を聞く限りでは色々と問題がありそうです。

「難しすぎる」共通テスト数学が抱える根深い問題(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース
 「大学入学共通テスト」の数学1・数学Aの平均点(中間集計)が、昨年と比べて20点ほど低く、約38点であったことが注目されている。難しい試験を行えば結果が悪くなることは当然であるが、問題量の多い試験

特に数学ⅠA。

当てずっぽうでも正解になることもあるマークシート式試験で、その方々の平均点が約38点ということは、抜本的な見直しが必要である。受験生の世代はコロナの影響で、満足に勉学をできなかった面もあったことを忘れてはならない。数学1・Aの試験後に多くの受験生から、「難しすぎた」という意見が続出したことも、重く受け止めるべきだろう。

 もう1つ指摘したい点は、「主体的・対話的で深い学び」という学習指導要領を反映させたように思われる出題傾向である。花子と太郎ばかりが登場する会話調の問題形式は、時間が限られたマークシート形式の試験で適当かどうか検討すべきという意見もある。

数学1・Aの平均点が低すぎます。

これはひどいですね。

また、太郎と花子が出てくるのは説明のためであって、彼らが前面に出てくるのはちょっと変です。

上の記事に書いてあることに賛成します。

余談ですが、慶應大学がセンター試験利用入試をやめたのはよかったのかどうか、なんとも言えませんね。

私立大学を民間営利企業と同じように考えるなら、経営的には正しい判断かもしれません。

コメント