ビジネス書の読み方&読んでよかった本

目標達成

今回は、ビジネス書の読み方を語ろうと思います。

私自身、ビジネス書を沢山読んできました。

しかし、最近はもうあまり読まなくなりました。

なぜ読まないかといえば、色んな本を読んでいると「これってあの本に書いてあったな」と思うことが増えたからです。

どの本でも大事な点は大体似通っています。

「全ての道はローマに通ず」という言葉の通りです。

どんな経路を辿ったとしても、一つの真理にたどり着くのです。

だから、これ以上新しい本を読むよりは過去に読んだ本を読み返す方が有益な気がしています。

一方、これから経営学の本や問題解決の本を読みたいという方もいらっしゃると思います。

そういった方々のために、私が何度も読み返している本をご紹介します。

私が最初に読んだ本

私が最初に読んだのは、山口周さんの『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』という本です。

著者は電通からBCGに転職する際、経営学を独学するため1000冊以上の本を読破。その体験をもとに、読書を成果に結びつける技術を伝授する。

この本で書かれているのは、読書を「読みっぱなし」で終わらせないための方法です。

私も、本を読むだけで満足して内容を実践しないことが多々ありました。

そういった、勿体ない読み方から卒業するための第一歩として優れた本であるといえます。

また、「ビジネス書マンダラ」として公開されている必読本のリストも有用です。

本を読むときに、読んで「この本を読んでいて得られるものが少なかった」と思うこともあります。

そうやって時間を無駄にすることがないように、読んで損がない本を厳選して紹介されています。

これが非常にありがたかったです。

初期に読む本 : 『イシューからはじめよ』

次にご紹介するのは、『イシューからはじめよ』です。

ロジカルシンキング・問題解決の決定版。発売10年、支持され続けて45万部突破!やるべきことは、100分の1になる!

私がこの本を読んだのは高校生の頃ですが、最近けっこう有名になってきたみたいです。

この本は、仕事や研究における生産性を高める方法が書かれています。

『イシューからはじめよ』の内容

内容を簡単に言ってしまうと、「生産性を高めたかったら余計なことをやめろ」ということです。

物事のうち、特に大事なことは全体の一部であり、全てを網羅する必要はないということが書かれています。

本質的でないことに時間を取られていると、いつまでも生産性が上がりません。

だからこそ、特に大事な一部をイシュー(本質的な問題点)と呼び、そこに集中するのです。

この説明だけでも大まかな内容は伝わったと思いますが、具体的に実践するには本書を直接読むことが必要になってきます。

この本はかなり細部にわたって読者のことが考えられており、本文だけでなく引用される科学者の発言なども有用です。

ぜひ、ネットで要約を読むだけでなく、本を手に取って読んでいただきたいと思います。

最も学びのある教え

ちなみに、この本で最も学びのある教えは、「悩むと考えるは違う」です。

悩むというのは答えが出ないことを頭の中でこねくり回すことです。

考えるというのは、答えを出せると思って意識を活動させることです。

人間関係など悩む意味のあること以外は、悩まずに考えようと書かれています。

私は、高校生の頃に「悩むと考えるは違う」の意味がわかりませんでした。

しかし、大学生になってから意味がわかりました。

このように、何度も読み返すことで学びが得られる含蓄の深い本でもあります。

注意点

この本には、読む上での注意点があります。

既に述べたように、『イシューからはじめよ』は、仕事の生産性をあげる上での本質が書かれています。

この、仕事の本質は大学での研究にも通じます。

そのため、理系の大学に進んだ方からすると、ある意味当たり前の内容が書かれているかもしれません。

ただ、日本の伝統的な企業では、この当たり前のことが徹底されていないこともあります。

だからこそ、当たり前の内容であっても徹底することが重要だという話になります。

Amazonのレビューには批判的なコメントもありましたが、なぜこの本が売れているのかという背景を考えると内容に納得できると思います。

理系の学生が読むような学術書の内容を、一般のビジネスパーソンに向けてわかりやすく書いたのがこの本だということもできます。

理系の方や大学院で研究をされていた方などは『イシューからはじめよ』よりも経営学の組織論の本が役に立つかもしれません。

まとめ

経営学や問題解決の本は、これまで紹介した2冊を読めば良いスタートを切れると思います。

そのあとは、『外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術』に載っているおすすめの本を1冊ずつ読んでいくとよいでしょう。

また、色々な本を読むよりは、『イシューからはじめよ』の内容を常に実践できているか自分に問いかけることの方が有効です。

『イシューからはじめよ』は仕事の生産性を高める上で本質的な内容が書かれていますが、本質的であるために実践の大変さもあります。

まさに「言うは易し行うは難し」です。

結局のところ、読んだ本の内容をどれだけ実践できるかという話になってきます。

ただ、これらの本を読まないで我流でやるよりは読んで学ぶ方が無駄が少ないとは思います。

スタートラインに正しく立つためにも、この2冊は手にとってみてもいいと思います。

コメント