イヤホンの買い替えのためにYouTubeでおすすめイヤホンを見たのだが…

ガジェット

新しいイヤホンがほしい

ここ2週間くらいで、イヤホンが壊れてきました。

今は、iPhoneを買ったときについていたものを使っています。

iPhone6sだったかな。

ちょっと古いやつですね。

たしか6sまではiPhoneにイヤホン用の穴が空いていました。

イヤホンジャックっていうのかな。

7あたりから、その穴がなくなりました。

なんで穴がなくなったのか分かりませんが、ワイヤレスイヤホンが普及したからでしょうか。

AppleからもAirPodsが出ましたからね。

昔は「耳からうどん」とか言われていましたが。

今回イヤホンの購入を検討していて、YouTubeおすすめのイヤホンを調べました。

すると、トップに出てきた動画は皆ワイヤレスイヤホンでした。

有線のイヤホンを使う人は減ったのだなと改めて思いました。

まあ、YouTubeの場合はYouTuberが企業案件で宣伝しているという事情もありますが。

企業が売りたいのはワイヤレスイヤホンだから、ワイヤレスの動画が増えるという可能性も考えました。

YouTubeやブログの商品紹介について思うこと

今回YouTubeで調べて、やはり広告宣伝を「広告」とわかりにくい形でやっているのはどうなのかと思いました。

S社のとあるワイヤレスイヤホンに関しては、不具合があるにも関わらずYouTuberがおすすめしていたということでAmazonのレビューが若干炎上していました。

こういうステマみたいなのが減るといいのですが。

とにかく、ネットで何か調べるにしても、家族や友人に訊くより確実なことはないですね。

私もブログで色々な商品を紹介していますが、商品を売りたいがために都合の悪い点を隠すような記事はできれば書きたくないものです。

最近も、商品・サービスの紹介については割と葛藤がありました。

ブログって、一部の人はかなり儲かっていると思います。

一方で、全然儲からない人もいる。

儲からない人は、多少モラルを犠牲にしても儲けようとしてしまう。

これはYouTuberも同じです。

イヤホンの話から脱線しましたが、大事なことだと思います。

短期的に儲かったとしても、読者様・視聴者様からの信頼を得られなかったら持続可能ではないでしょう。

ブロガー、YouTuberは、「趣味でやっていたのが気づいたら仕事になっていた」というのが理想だと思います。

初めから儲けようとしてやっている人は、なんか変な感じになってしまうんですよね。

浅ましいというか。

私もYouTubeに動画を投稿して色んな経験をしたので、なんとなくわかります。

その辺りの問題をどうやって回避していくか、というのは今後も課題になりそうです。

コメント