【男性向け】大学生以降でモテる方法

人生

男性向けに、大学生以降でモテる方法を書きます。

モテる方法は、結論からいうと、外見をよくすることです。

いきなり身も蓋もない話になってしまいました。

しかし、本当のことです。

これから、「なぜ外見が大事なのか」と「どうやって外見をよくしていくのか」を説明します。

モテの真実を伝えたい

もう一度言います。

モテたかったら、外見をよくしてください。

ここまで読まれた方は、

「こいつは外見至上主義の冷たいやつなのか」

と思われたかもしれません。

しかし、私はそんな冷たい人間ではありません。

私は「外見は内面の一番外側」だと思っています。

だからこそ外見を変えようと言っているのです。

もちろん内面を磨くのは非常に重要です。

しかし、内面を磨くのは一人ではできないうえに、かなり時間がかかります。

内面を磨くためには、自分の欠点を他人に指摘してもらう必要があります。

なぜなら、モテない人の多くは認知が歪んでいるからです。

モテない人はモテない人特有の考え方をしています。

その考え方を自分一人で根本的に変えるのは無理です。

だから、まずは一人でも改善できる外見を変えましょう。

そもそも、内面を磨くために自分の欠点を友達に訊けるなら、既にモテているはず。

まずは外見を磨いて自信をつけましょう。

目標は、鏡を見たときに自分がイケメンだと思えることです。

これは、私が色々な女性と関わってコミュ力向上や内面磨きをやってきた上での結論です。

コミュ力や内面磨きは非常に重要ですが、それをある程度やると考えが変わります。

一周回って外見が大事だという結論になるのです。

それが「外見は内面の一番外側」ということです。

外見の素質はある程度遺伝で決まりますが、努力で多少は変えることができます。

その「多少の努力」ができるかどうかが大きな差になるのです。

モテるまでの流れ

では、まずは外見を磨くのが大事だとして、モテるまでのイメージを伝えます。

モテるまでの流れのイメージは以下の通りです。

外見を改善する→イケてる男と友達になる→内面の欠点を指摘してもらう→内面の欠点を克服する→モテる

この「イケてる男と友達になる」というのがすごく重要です。

そのためにも、イケてる男の隣にいても恥ずかしくないように外見を磨いて自信をつける必要があります。

もし外見に清潔感がないと、男からも下に見られます。

清潔感というのは、「オタクっぽくない」「陰キャに見えない」ということです。

「清潔」ではなく「清潔感」ですからね。

女性は清潔感という言葉をよく使いますが、この「感」に女性が込めた意味を汲み取ってください。

大事なのは「頻繁にお風呂に入っているか」みたいな清潔さではなく、イケてるかどうかです。

なぜ外見から改善するべきなのか

よくある恋愛の記事だと、内面を磨くのが大事だと書かれています。

それは、その通りです。

正論です。

ただ、モテない人たちはその正論を信じて毎日の努力を続けられる人ばかりではありません。

その努力を続けられる人ならば、既にモテているはずです。

また内面を磨く努力は、効果が出るまでに時間がかかります。

これから長期的に内面を磨くとしても、短期的に結果が出ないと人は飽きます。

当然、飽きたら努力をやめてしまいます。

外見を改善するという、短期的に成果が出ることをやりましょう。

大抵の人は、成果が実感できて初めて努力しようと思えます。

まずは外見を磨き、恋愛での小さな成功体験を作ることが必要です。

恋愛の不都合な真実

皆さんに不都合な真実をお伝えします。

まず、外見の偏差値が一定以下の男性は、恋愛では女性から足切りされます。

外見が悪いと、友達にはなれても恋人候補にはなれません。

恋愛のスタートラインにすら立てないということです。

言い換えると、人間も恋愛市場では一つの商品だということです。

あなたは恋愛という市場の商品であり、他の商品(男性)と比べられています。

例えば、あなたがスーパーに行って、林檎を買うとします。

そのとき、見た目が綺麗な林檎と汚い林檎があったら、どちらを買いますか?

綺麗な林檎を買いますよね。

一方、どんなに中身が美味しい林檎でも、見た目が悪かったら買われません。

だから、この林檎のように、まず外見という「足切りラインを超える」ことが重要です。

なぜ足切りラインの話をあまり聞かないのか

ネット上の恋愛界隈では、この足切りラインの重要性が言われています。

しかし、リアルの日常生活では足切りラインの話を聞く機会は多くありません。

なぜでしょうか。

その理由は、多くの人は足切りラインを意識しないからです。

ある程度は恋愛経験の場数を踏まないと、自分が足切りされていることに気づきません。

あるいは、モテない人は気づいていても気づかないフリをしています。

逆に、生まれつきモテている人は足切りされることが少ないので気づかないのです。

外見の改善

では、外見の改善とは、具体的に何をするのでしょうか。

身も蓋もないことを言うならば、整形するのがいいと思います。

「え、結局整形かよ」

と思われたかもしれません。

そうです、整形です。

理由は、イケメンになるとモテるという、それだけのことです。

整形以外に何ができるか

私も、整形という身も蓋もないことを言ってこの記事を終わりにするつもりはありません。

いきなり整形するのはハードルが高いでしょうから、ハードルの低いことから順番に紹介します。

眉毛を整える

顔の印象は眉毛で大きく変わります。

眉毛も、YouTubeの動画を見て整えましょう。

眉毛は侮られがちですが、非常に重要なパーツです。

眉毛を整える道具がない方は、ハサミやシェーバーを買ってください。

表参道のメンズ専用美容院オーナー監修】男の第一印象は眉毛で決まります。クールにキメたい、優しい雰囲気になりたい、メガネに合わせたいあなたにピッタリの眉毛はさみセットです。

髪型を決める

自分に似合う髪型を美容院で教わってください。

1000円カットも駄目ではありませんが、美容師さんを指名できるならしたほうがいいです。

できれば1000円カットより高いところにいきましょう。

長期的な投資と考えるなら、1度だけ高級な美容院に行って色々教えてもらうのもありです。

関東ならOCEAN TOKYOやLIPPSに行くのもありです。

イケてる若い男性がどんな美容室に行っているのか調べて、似たコンセプトのところにいきましょう。

地方在住の方も、地元で評判のいいところを見つければ大丈夫です。

美容師と話すのに緊張するという人は、YouTubeなどで勉強してから行くといいと思います。

美容師は髪のプロなので、質問すればたいていの質問には答えてくれます。

1000円カットだと店側が効率重視なので話しにくいこともあります。

その点でも1000円カット以外のところに行った方がいいでしょう。

髪の毛のセットの仕方なども、自己流ではなく美容師に教わるかYouTubeで勉強しましょう。

歯のホワイトニング

歯のホワイトニングも行いましょう。

口元の印象は大切です。

歯が汚い人とはキスしたくないですよね。

マスクをしていると口元は見えませんが、異性と一緒に食事をするなら口元には気を遣ってください。

これは、歯科医院に行くことをお勧めします。

歯科医院にも行きたくないという方は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってください。

私はOra2(オーラツー)の歯磨き粉を使っています。

小さくてシャリシャリ感のあるスクラブが、歯の表面に付着をしたステイン(着色汚れ)を落としてくれる。歯磨き粉では珍しく、少量で口内を磨く事ができる。

歯磨きをしっかりするようになると、結果的に口臭予防にもなります。

ダイエット

太っている方は、痩せましょう。

方法は自分に合うものならなんでもいいです。

私なら、プロテインを買って食事の代わりにします。

プロテインだけだと栄養が偏るので、牛乳と野菜も摂ります。

ただ、何も考えずに炭水化物を抜くと一時的に体重が減るだけでリバウンドすることもあるので気をつけてください。

多少の炭水化物は必要です。

要は、間食をしない、食べすぎないということです。

ヒョロガリからの卒業

今度は、ダイエットとは逆の話です。

今痩せすぎている方は太ってください。

要は、太りすぎず痩せすぎず標準の体型になりましょうということです。

痩せすぎている方はご飯をたくさん食べてください。

筋トレ

筋トレは、胸や肩、腕などシルエットに関わるところを鍛えましょう。

筋トレに関しては、以下のmita(ミタ)さんのnoteが参考になります。

ボディメイク筋トレ入門マニュアル|mita|note
今回のトピックは筋トレ。 以前、ファイトクラブのブラピくらいの体なら一年でなれるとツイートしたところ反響があったので今回の記事を書くことにした。 一週間で2時間だけトレーニングに費やすことができれば、一年あればこのブラピくらいの体にはなれる。 pic.twitter.com/nGS2TFqiTS —...

ほかにも、筋トレのやり方はYouTubeで検索すると色んな動画が出てきます。

好きな筋トレ系YouTuberを見つけ、チャンネル登録しておきましょう。

また、腹筋を割る必要はありません。

腹筋が割れている人は体脂肪率が低いので、元々割れている腹筋が見えているだけです。

まずは増量して胸や肩などの大きい筋肉を鍛え、全身をバランスよく鍛えた後に体脂肪率を下げます。

ただ、筋トレには注意点もあります。

筋トレにハマりすぎて「筋肉のある陰キャ」にならないように気をつけてください。

モテることが目的ならば、筋トレは手段です。

筋トレだけでモテることはないので、モテるために必要な手段をバランスよくとりましょう。

肌質改善

肌の見た目は重要です。

アトピーやニキビで悩んでいる方は、可能であれば皮膚科に行って治療を検討してください。

それ以外の方も、肌が明るく綺麗かどうか鏡でチェックしてください。

十分な睡眠をとり、適度な運動をします。

食べ物もインスタントフード以外のものを食べるようにしましょう。

自分で料理をする余裕があれば、やってみるといいでしょう。

忙しくて自炊できない方も、肌のことを考えて油っぽい食べ物は控えましょう。

メイク

メイクもしましょう。

メイクをすると、体感で顔面偏差値が5〜10は上がります。

「たったの5?」

と思われるかもしれませんが、偏差値の5は大きいです。

高校受験、大学受験で考えたら、5の差はけっこうあります。

足切りの話を思い出してください。

顔面偏差値45で足切りされていた人も、50なら足切りライン越えが見えてきます。

実際には、この記事に書かれていることのうち、ハードルの低いものは全部やって10以上あげていきます。

外見の偏差値が55〜60を超えると、足切りされることは減るはずです。

しかし、男性がメイクをするのは心理的なハードルが高いです。

私も、初めてやったときは緊張しました。

まず、化粧品を買うのが恥ずかしかったです。

ドラッグストアなどで買うのもありですが、私は100均のダイソーで買っていました。

ただ、100均で買うのは予算の問題があったからです。

お金があれば、体に悪い成分の少ないものを買いましょう。

そもそも、顔に何か塗ることに抵抗のある方も多いでしょう。

私も最初はそうでした。

しかし、メイクは慣れです。

真夏に海で泳ぐ時は日焼け止めを塗りるのと同じです。

いきなり化粧水とか乳液を買うのに抵抗がある方は、BBクリームを買ってください。

BBクリームというのは、複数の化粧品の効果を1つにまとめたやつです。

店舗にもよりますが、だいたい100均に売ってます。

100均の化粧品が怖いという方は、無印良品やネットで買うのがいいと思います。

ネット通販だと店員さんに見られずに済むので精神的なハードルは低いです。

歯科矯正

歯並びが悪い方は、矯正を検討してもいいと思います。

矯正は単に見た目を良くするだけでなく、噛み合わせの改善にも寄与します。

私も出っ歯で、うどんを前歯で噛み切ることができませんでした。

人によっては、噛み合わせが悪いことが原因で頭痛になったりすることもあるので要注意です。

歯並びを矯正すると顔の下半分が綺麗になります。

Eラインといって、鼻、口、顎のラインが綺麗になるとイケメンに見えます。

画像の出典 : 品川美容外科ホームページ

服装

モテない人で、母親が買ってきた服をずっと着ている人がいます。

母親が息子を可愛がるのはいいのですが、服は自分で買いましょう。

自分で服を買っている人も、よく考えて買ってほしいです。

最低限の足切りラインを突破するなら、MBさんの本を読むといいと思います。

『得する人損する人』(日本テレビ系)で大反響!ダサいオジサン30人をたった一つのアイテムでおしゃれに大変身させた秘密とは?誰も言葉にできなかった 「男のおしゃれ」の決定版

ただ、服もやりすぎるとただの服オタクになってしまいます。

筋トレ同様、服もモテるための手段として考えるならハマりすぎないようにしましょう。

どんな服を着るかよりも、顔と体型の方が大事です。

イケメンが着たらどんな服でもカッコよく見えますが、ブサイクが服にお金を使いすぎるのは投資効率が悪いです。

さらに外見をよくするために

ここまで愚直に実践すれば、外見はだいぶ改善されるはずです。

さらに良くしたい場合は、鏡を良く見ましょう。

鏡に写った自分を写真に写った自分をよく見てください。

よく見ると、まだ気になる部分があるはずです。

細かいところを変えていきましょう。

私は、YouTubeで女性向けの美容動画を大量に見続けました。

すると、人の顔を正確に認識できるようになりました。

一人一人の顔を見て、どこが長所でどこが短所か言語化できるようになったのです。

自分の顔と他人の顔をたくさん見ることで、改善のポイントがわかります。

私の場合、顔が左右非対称でした。

私は顎変形症といって、左右の顎の骨の長さが違います。

これは、一週間程度入院して手術すると治るものです。

こういった顔の骨格に関することは、歯科矯正のときに指摘されると思います。

改善をやりきるとどうなるか

整形以外にできることを全部やっていくと、「ほかにやることは整形くらいしかない」という状態になってきます。

もちろん整形には失敗のリスクもありますし、やるかどうかは個人の価値観次第です。

もしやりたくなったら、整形の情報を調べて美容外科のカウンセリングに行ってみてください。

カウンセリングは何軒も行き、納得できるまで続けましょう。

人によっては通訳をつけて韓国で整形をすることもあります。

料金と技術の問題で、韓国に行くようです。

このあたりは個人の判断になります。

整形については、あくまで自己責任でお願いします。

内面の磨き方

内面を磨くのは、外見の改善が一通り終わってからで構いません。

内面の磨き方は、書き始めるととても長い記事になってしまうので、また別の記事で書く予定です。

出会いを増やす

モテないという方は、単に出会いの数が少ないことも多いです。

学校・職場以外の出会いを増やしましょう。

学校・職場で恋愛しても構いませんが、周りに迷惑をかけないように注意してください。

アタックする

出会いが多い人でも、自分からアプローチしないと恋愛関係になれないことが多いです。

特に男性の場合はその傾向が強いといえます。

男性と女性では生物学的に精子と卵の価値が違うので、男性は自分からアプローチするのがいいでしょう。

女性には一度妊娠・出産の負担があるので卵の価値が高くなっています。

男性は生まれた子供を育てるための経済力が必要ですが、精子を排出するだけならコストは低いです。

このあたりの事情を知ると、女性は比較的受け身でもモテるということがわかります。

逆に、男性は自分からアプローチしないと恋愛が難しいです。

こればかりは、人間が生き物である以上仕方のないことです。

アプローチの仕方については、以下の本を読むといいと思います。

賛否両論ある本ですが、読んで損はないです。

この本に書かれたことを鵜呑みにするのではなく、あくまでモテるための入り口として利用してください。

モテるために何が必要なのか、本音を綺麗事抜きで語っている。男女関係で何が決め手になっているのか、その重要な要素を抽出し客観的な分析を行えるようにした本。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

コメント