著者のサービスに誘導される系の本について思うこと

生活

「著者のサービスに誘導される系の本」があります。

個人事業や小さな企業を経営している人が書いた本です。

内容は、何かのやり方を解説した本だったりします。

本のタイトルは、「〇〇マニュアル」みたいなものが多いです。

本を読むと、読者が知りたかったことの全部は書かれていません。

本に書かれていることを実践するには、著者のワークショップに参加するのがいいらしいと。

こういう、著者のワークショップの集客を兼ねて書かれた本を読むと「結局集客か」と思います。

「〇〇マニュアル」というタイトルなら、やり方を全部書いてほしいですよね。

タイトル詐欺になってしまうのは、本人か出版社が売り上げアップのために誇大なタイトルをつけたからでしょうか。

ただ、それでも読まないよりはずっといいです。

ある意味、どんな悩み事も最後は自分で解決するしかない、という現実を突きつけてくる本ではあります。

人に何かを教えてもらうには相応の対価を払う必要があり、1500円くらいの本を買っただけではやり方はわかりません。

(でも、マニュアルっていう名前はひどいと思います。)

ビジネス書だけでなく心理系の本でもこういうのがあります。

別に悪い本じゃないが、商売をするのに、本を出版して集客する以外にもう少しスマートなやり方はないのでしょうか。

もちろん、自分が商売をするとなったら同じことをする可能性もあります。

だから安易に批判することはできません。

例えば、このブログを読者の皆さんが無料で読めるのは、広告がついているからです。

広告をつけるか情報自体を有料で売るか。

お金を払いたくなかったら税金で運営されている図書館に行きます。

まあ、自分も結局税金を払っているので、世の中に完全無料の情報はあんまりないのかもしれません。

ただ、情報の対価というのは難しいテーマだと思います。

仮に本当に役立つ情報、すぐに実践できる情報があったとしましょう。

それが有料noteになっていたとしても自分は買わない気がします。

立ち読みができずAmazonみたいなレビューもない情報を買うのはリスクが高いからです。

何事も、最後は自分で実践するしかありません。

自分の身体感覚を信じて経験の中で身につけるしかないことが多いです。

失敗しながら学ぶしかないのだと思います。

最後に、こういう本で時間を無駄にしないためにできることを書いておきます。

一つの方法は、著者が複数人であったり団体である本を選ぶこと。

著者が一人社長みたいな人だと、その人のサービスに誘導される可能性が高いです。

一方、著者が複数人だったり団体だったりすると、そこまで露骨な誘導は少ないと思います。

あるいは、既に著者が亡くなっている本を選ぶという方法もあります。

本人が亡くなってしまったらサービスも終了するので、集客色は弱いはずです。

これを言うと身も蓋もないですが、Amazonのレビューを見てから買うに越したことはないのです。

レビューも信頼性の高いコメントばかりとは限らないから、「最後に頼れるのは自分だけ」という結論は変わりません。

自分をしっかり持って生きていくのがよさそうです。

コメント