性格が良くてルックスも悪くない人になぜか彼女ができない理由

恋愛

最近、以下の「彼女を作る方法」に関する記事を読みました。

今年の夏こそ彼女を作ろう。最強のモテるマインドを君に授ける。
今年も夏がやってきた。この夏こそ彼女を作って花火大会や夏祭りに出かけたいと思っている人も多いことだろう。最も今年に限ってはそんなイベントもなくなってしまったが。だがしかしbut、けどけれどyet、先日とったアンケートによると答えてくれた26

こういう記事って結構人気があるような気がします。

「俺は性格もいいし、ルックスも悪くないのに、なぜ彼女ができないんだろう?」

と思う人は、こういう記事を読んだ方がいいです。

さて、今回の記事タイトル「性格が良くてルックスも悪くない人になぜか彼女ができない理由」ですが、その理由は一つです。

それは「打診しないから」。

打診というのは、気になる異性に対して「付き合おう」とか「Hしよう」と提案することです。

この打診は、基本的に男性から女性にします。

逆に女性が打診してくることもありますが、それは稀です。

普通、男性の方から打診しないと二人の関係性は友達以上恋人未満のままです。

だから、性格が良くてルックスも悪くないのに彼女ができない人は打診をしてください。

もし打診して断られたら、次の女性にアプローチするだけです。

一人の女性に断られてすぐ次の女性に行くのはチャラいと思うかもしれません.

しかし、職場内など荒らしてはいけないコミュニティでない限り問題ありません。

どんどん次にいきましょう。

断られるのも慣れです。

そして、いろんな女性にアタックしていくうちに、自分の課題が見えてきます。

もっと外見を磨こうとか、話し方を工夫しようとか、出てくるはずです。

そうやって改善を積み重ねながら打診を続けていくと、そのうち打診にOKしてくれる人が現れます。

それがいつかは誰にも分かりませんが、とにかく信じるしかありません。

しかし、100人の女性に打診して100人全員から拒否されることはあまりないと思います。

もし100人の女性に打診して100人に断られたら、私にお問合せフォームから連絡してください。

そこまでいくと逆にすごいので、取材して記事にします。

もちろん、どう改善していくかのアドバイスもします。

あとは、普通の人は1年で100人も打診できないと思うので、沢山の人に打診できるようにしましょう。

まずは打率を上げることを考えるのではなく、母数を増やすということです。

マッチングアプリやナンパをやって母数を増やしましょう。

「ナンパ?それができたら苦労しないよ」という声も聞こえてきそうですが、そういう人はインターネットをうまく使ってください。

インターネットの匿名性をうまく利用すれば、あまりリアルの知り合いにばれずにこっそり恋愛をすることができます。

昔、出会い系というとサクラや業者ばっかりの胡散臭いものというイメージがありました。

しかし今は、マッチングアプリという素晴らしい名前のものに置き換わっています。

とりあえずPairsとかwithとかを入れて、やってみてください。

男性がマッチングアプリをやると多少のお金はかかりますが、それでも路上でナンパするよりは楽です。

マッチングアプリにお金を払うのが嫌な人は、路上でナンパしてもいいと思います。

ただし、迷惑防止条例違反など警察のお世話になることのないように気をつけてください。

コメント